家電量販店で契約するのは待った!
知っておくべきキャンペーンの中身

現在WiMAXを扱うプロバイダは20社以上にもなります。こんなに多いとどこで契約しようか迷いますよね。
選択肢としてビックカメラやヤマダ電機のような量販店で契約する方法もありますが、そこには大きな落とし穴があるのをご存知でしょうか。

家電量販店のキャンペーンは高額商品券プレゼント

どこのプロバイダも様々なキャンペーンを実施して新規ユーザー獲得に必死です。
家電量販店の主なキャンペーン内容は「5万円の商品券プレゼント」!店舗によって金額の差はありますがだいたい同じです。
かなり高額な商品券なので思わず定員さんに詳しい話を聞きたくなりますよね。
でも量販店も損したくないわけで、そうやって巧妙に罠を仕掛けて集客しているのです。

量販店の大手ビックカメラを参考にその内容を詳しく見てみましょう。

高額商品券の裏には高額月額利用料金がいた

先に結論から言うと、商品券でオトクな分月額利用料金が高くなっており、商品券の価値は1万円にもならないのです。
何も知識無く申込みに行くと月額利用料が高いことに気付かないまま契約してしまうことがあるので注意が必要です。

「5万円商品券キャンペーン」で新規申込新規申込をすると2つの条件を提示されます。
・ギガ放題プランで契約
・まとめてプランL8に加入

ギガ放題については他のプロバイダと内容は同じで問題ありません。
しかし、まとめてプランL8が曲者です!

まとめてプランL8とは…
「BIC定額ギガ放題」と「WiMAXまとめてプラン」にご加入いただくことを条件に、パソコン等のお持ち帰り価格が割引になるオプションです。
【まとめてプラン月額料金】まとめてプラン L8  : 1,547円/月
【適用条件】
①WiMA2+X契約と同時にPC等を購入
②BIC定額ギガ放題・BIC定額2+・BIC定額2+ (auスマホ割2年)のみ
③毎月の支払方法はクレジットカードのみ
④個人のお客様のみ(法人は加入いただけません)
【解除料】まとめてプランL8月額料金 × 残存月数

結局まとめると、50,000円の商品券をもらうために、まとめてプランL8のオプションに強制加入。基本料金とは別に毎月1,547円(税込で1,670円)支払わなければならないってことですよね。

計算すると、50,000円 - (1,670円 × 24ヵ月) = 9,920円

50,000円商品券の中身は実質9,920円の価値しかないと言えます。
量販店で契約する場合、メーカーや店舗によって多少差がありますが、ほぼ同じ内容になっています。
クーポン券の額は大きく見えますが中身は少ないので注意が必要です!これが量販店キャンペーンのからくりです。

結果Web申込で契約する方がお得

現在ビックカメラでギガ放題を申込んだ場合の月額料金
利用期間 基本使用料 月額支払額
(※まとめてプラン月額料金を含む)
1~24ヵ月 4,380円 5,927円
25ヵ月以降 4,880円 4,880円
総額(2年間) 105,120円 142,248円

業界最安値のプロバイダBroadWiMAXの場合総額(2年間)で80,494円です。
比べ物にならないくらい高い利用料金と言う事が分かります。

高額な商品券の誘惑に負けて申込むと後で後悔しますよ!素直に月額料金が安いプロバイダを選ぶことが一番オトクにWiMAXを楽しむことが出来ますね。